一般社団法人富山県臨床検査技師会

メニュー

ごあいさつ

一般社団法人 富山県臨床検査技師会
会長 南部 重一

精度の高い検査結果を保証しています。

平素より、(一社)富山県臨床検査技師会の活動に、ご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。当会は昭和28年に誕生し平成2年に法人化されました。現在560余りの会員を有する職能団体で、臨床検査技師の学術・技能の研鑽および資質向上を図り、その職能を通じて広く富山県民の健康増進及び公衆衛生の向上に寄与する活動を行っています。

当会は他の都道府県技師会に比べ会員数は少ないですが「少数精鋭」で会員同士が支えあい、日常業務に加え学術活動、研修会、学会発表など行い日々成長を続けています。実際の医療現場においては日々の診療・健診業務を支えるために品質の高い検査結果を迅速提供しています。県内どこの医療機関で検査しても同じ基準値で評価されなければ意味がなく、そのために富山県内で基準値統一事業を展開し日々施設内・施設外の精度管理調査を行い精度の高い検査結果を保証しています。

さて医療を取り巻く環境は、少子・高齢化に伴い刻々と変化し、2025年を見据えてより効率的で質の高い医療提供体制の構築が望まれており、医療機関の機能分化・強化と連携、在宅医療の充実へと進んでいます。我々臨床検査技師においては、業務範囲の拡大(検体採取業務)、検査説明の役割、病棟業務推進や認知症検査等への取り組みが進んでいます。そして他職種連携が必須となりチーム医療の推進をさらに進めていく必要があります。

当会は富山県民の健康増進と公衆衛生向上のため、より一層の努力に努めますので、今後も一層のご支援とご協力をお願いいたします。

令和元年7月吉日